子供の教育費はいくら必要か?幼稚園から大学までの費用を考えよう

シェアしてくれると嬉しいです!

資産形成を行うときにやるべきことの1つは「ライフイベント」を把握し、それぞれのライフイベントで「どれくらいの費用が必要なのか」を把握しておくことです。

特に三大資金と呼ばれている「教育費用」「住宅費用」「老後費用」で「どれくらいの費用が必要なのか」を理解しておくことは必須でしょう。

いざお金が必要になったときに、何の準備もできておらず「お金が足りない」ということになってしまっても困ります。

また急な出費は資産形成の計画を狂わせることになり、モチベーションの低下や目標の変更を迫られることにもなってしまいます。

そうならないように、事前にライフイベントを想定し資金計画を練っておくことは「資産形成」を成功させるための必須条件です。

今回は三大資金の一つである「教育費」について考えていきます。

子供の教育費がいくら必要なのか?公立と私立でどれくらい違うのか?などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

子供の教育費(公立と私立の違い)

教育費 公立の場合 私立の場合
幼稚園(3年間) 約75万円(約25万円/年間) 約162万円(約54万円/年間)
小学校(6年間) 約200万円(約33万円/年間) 約824万円(約137万円/年間)
中学校(3年間) 約142万円(約47万円/年間) 約381万円(約127万円/年間)
高校(3年間) 約156万円(約52万円/年間) 約314万円(約105万円/年間)
大学(4年間) 約518万円(約130万円/年間) 約828万円(約207万円/年間)

※文部科学省「平成18年度子どもの学費調査」、国民生活金融公庫「平成19年教育費負担の実態調査」を参考にしています。

※上記の教育費には塾や習い事の費用も含まれています。

各カテゴリーで必要な教育費を公立と私立別にまとめてみました。

幼稚園では約2倍、小学校では約4倍、中学校では約3倍、高校では約2倍、大学では約1.6倍ほど、公立よりも私立の方が高くなります。

幼稚園から大学まで、全部公立の場合

幼稚園から大学まで全部公立に通った場合の教育費は、幼稚園(約75万円)+小学校(約200万円)+中学校(約142万円)+高校(約156万円)+大学(約518万円)で約1091万円になります。

ただ上記の金額は塾や習い事の費用も含まれているので、塾や習い事にいかなかった場合は1091万円よりも少なくなります。

幼稚園から大学まで、全部私立の場合

幼稚園から大学まで全部私立に通った場合の教育費は、幼稚園(約162万円)+小学校(約824万円)+中学校(約381万円)+高校(約314万円)+大学(約828万円)で約2509万円になります。

私立は公立の約2.3倍の教育費が必要になりますね。

遠方でひとり暮らしをした場合

子供の教育費を考えたとき、実家から遠方の大学へ行き「ひとり暮らし」をするケースも考えられます。

その場合の費用も考えておく必要があります。

ひとり暮らしの初期費用は50万円〜70万円

ひとり暮らしの初期費用は50万円〜70万円の費用が必要でしょう。

まず住居(アパートやマンション)を決める必要があり、希望の場所が決まれば契約をしなければいけません。

その際に必要な費用として、敷金・礼金・仲介手数料・保険料などを支払う必要があります。

それ以外にも「引越し費用」が必要ですし、冷蔵庫や洗濯機、コンロやベッドなどの「生活必需品」を買い揃える必要があるでしょう。

これらの費用を合計すると、ひとり暮らしの初期費用は50万円〜70万円が必要になります。

ひとり暮らしの生活費は約11万円

大学生協(2011年調べ)によると、大学生ひとり暮らしの1ヵ月あたりの支出は、全国平均で約11万円だそうです。

また親からの仕送りの全国平均は約9万円だそうです。

足りない分は奨学金やアルバイト代で補っているようです。

仕送りの全国平均が約9万円なので、9万円を親が負担した場合で計算すると、毎月9万円×4年間で432万円となります。

初期費用と合わせると約500万円ほど必要になりますね。

子供の教育費は1000万円〜3000万円

子供の教育費は約1000万円〜約3000万円が必要だと考えておくと良いでしょう。

子供が幼稚園から大学まで全部公立に通い、ひとり暮らしもしなかった場合は約1000万円です。

大学に進学しなかった場合は1000万円よりも少ない金額になりますね。

一方で、幼稚園から大学まで全部私立に通い、更に大学ではひとり暮らしをした場合は約3000万円が教育費として必要になるでしょう。

あくまでも一例なので、奨学金を貰ったり、子供がバイト代を稼ぎ自分で教育費を賄う場合は3000万円よりも少なくなるでしょう。

他にも海外留学をしたり、海外の大学に進学した場合で、その費用を親が面倒見るとなると3000万円よりも多くの費用が必要になりますね。

ただ一般的な相場としては、子供の教育費は約1000万円〜約3000万円になります。

どこまでの費用を親が面倒見るのかはそれぞれの家庭で決めることですが、我が家では公立学校+ひとり暮らしの約1500万までは面倒を見れるように教育費を貯めていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!