宇宙飛行士の油井亀美也さんと父親のエピソードに感動!2人から学ぶ子育てで大切なこと

シェアしてくれると嬉しいです!

2015年7月23日にバイコヌール宇宙基地から宇宙へ飛び立った宇宙飛行士の油井亀美也さん。

先日テレビで、中年の星として一等星級に輝く油井さんの半生記ドラマを見ました。

油井さんの「信念の強さ」や「好奇心」、そして「諦めない才能」に感心したとともに、油井さんと油井さんのお父さんのエピソードに凄く感動しました。

2人のエピソードから、子育てに大切なこと、子供との関係で大切なことを学びましたね。

今回は2人のエピソードで学んだポイントや感動したポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

苦労も楽しみも共有する

油井父が「苦労も楽しみもみんなで一緒に味わった」とコメントしているのを聞いて、家族との関わり方を考えさせられました。

我が家では、楽しみを共有するということはありますが、苦労を共有することはできていないのが現状です。

子供の力を必要とする場面が少ないことも原因としてありますが、それ以上に子供が苦労しないように先回りをして処理していたり、子供が苦労していたらすぐに手伝って処理したりしていることが問題だと思います。

子供は苦労を感じることがありませんし、「解決した」「親の力になれた」と自信を持つこともないでしょう。

油井父の「苦労も楽しみもみんなで一緒に味わった」とコメントを聞いて、「もう少し家族で苦労をして何かを達成する」という状況を作っていこうと思いました。

自分の想像力の中に子供を閉じ込めないことが大切

油井父は「息子を随分と甘やかして育てたと思います」と語っていました。しかしエピソードを見て、油井父は「息子を甘やかした」のではなく「息子を尊重した」のだと感じました。

そう感じたエピソードは4つあります。

1つ目は「亀美也さんが望む高価な天体望遠鏡を買ってあげ、毎日のように亀美也さんを山頂まで送って星を見せていたこと」

2つ目は「6時間以上も天体観測を続ける亀美也さんに付き合ってあげたこと」

3つ目は「亀美也さんの望み通り、レタス畑を1つ潰して観測所を作ったこと」

4つ目は「油井父は天体観測への興味も必要性も感じてなく、最初は亀美也さんをレタス農家の跡取りだと考えていたこと」

これら4つのエピソードを見て「油井父はマジでスゲーな」って感じました。

そして大切なことは「自分の想像力の中に子供を閉じ込めないこと」だと学びました。

自分の想像の中で必要だと思わないものにはお金をかけられない。自分の想像外の行動を子供が行うと注意してしまう。そういうことは多いのではないでしょうか。

それが高価な天体望遠鏡や畑一つ、仕事終わりに何時間も時間を取られるとなると尚更でしょう。

しかし油井父は息子の要求を満たした。「甘やかした」のではなく「尊重した」のだと思います。

息子の想像力や好奇心を否定せず応援し続けた油井父を心から尊敬しますね。私も油井父のようでありたい。

さいごに

亀美也さんの「夢を諦めない姿勢」や「目標に向かって努力する力」にも感動しましたが、油井父の亀美也さんに対する接し方を知って更に感動しましたね。

油井父は、息子のことを「尊敬している」と発言されていました。

私の勝手な想像ですが、亀美也さんが宇宙飛行士になったから「尊敬している」のではなく、それ以前から(おそらく亀美也さんが産まれたときから)油井父は亀美也さんのことを「尊敬している」のではないでしょうか。

本当に素晴らしいことですよね。

今回は2人のエピソードから、子育てに大切なこと、子供との関係で大切なことを学ぶことができました。

今後も2人のことを注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!