みんなの貯蓄額はどれくらい?年代別平均貯蓄額を調べて感じたこと

シェアしてくれると嬉しいです!

「みんなの貯蓄額はどれくらいなんだろう?」そう思ったことはありませんか?

私は30歳のときに資産形成への意識が高まり、以後5年間、貯蓄・運用を自分のペースで頑張ってきましたが、最近になって「他の人はどれくらい貯蓄できているのか」が気になりました。

他の人の貯蓄額を気にしても、自分の貯蓄額が変わるわけではないので、気にしても仕方がないとは思いますが、どうしても気になってしまいます。

気になって、気になって仕方がないので、「みんながどれくらい貯蓄しているのか」を年代別で調べてみました。

スポンサーリンク

年代別の貯蓄額

年代 平均値 中央値 増加額(中央値)
20代 365万円 200万円
30代 600万円 405万円 20代→30代(205万円)
40代 962万円 640万円 30代→40代(235万円)
50代 1524万円 900万円 40代→50代(260万円)
60代 2175万円 1398万円 50代→60代(498万円)
全世代 1539万円 860万円

平均値と中央値とがありますが、簡単に説明すると「平均値」は全データの合計をデータの個数で割ったもの。「中央値」はデータを小さい順に並べたときの中央にある値のことです。100人の調査対象がいる場合、下から数えて50番目の数値を中央値といいます。

調査対象者に大富豪がいたら平均値が著しく高くなってしまうので、中央値にも注目して参考にするのが一般的なんだそうです。

「家計の金融行動に関する世論調査2013」によると、30代(ファミリー世帯)の平均貯蓄額は600万円で、中央値は405万円でした。

40代(ファミリー世帯)の平均貯蓄額は962万円で、中央値は640万円ですね。

私が40歳になるのは5年後。5年後に時点で40代の平均値は上回りたいですね。

60代の貯蓄額は「老後資金」として十分なのか?

これらのデータを見て思ったのですが、60代で平均貯蓄額2175万円(中央値1398万円)というのは、「老後資金として十分なのか?」ということです。

年金に関して「逃げ切り世代」と呼ばれている今の60代は平均貯蓄額2175万円(中央値1398万円)で老後資金の問題はないのかもしれませんが、今後の世代にとっては不十分な貯蓄額なのかもしれません。

年金額も少なくなりそうだし、給付時期も遅くなりそうですからね。我々の世代は、今の60代よりも多くの老後資金を用意しておかないと危険ですね。

最後に

貯蓄額の平均を見て感じたことは、20代・30代の貯蓄額は想像よりも多く、60代の貯蓄額は想像よりも少いということでした。

ただ30代あたりは「人生の三大資金」のうち「教育資金」と「住宅資金」が伸し掛ってくる年代ですからね。

支出が多くなるので、ここからの貯蓄のペースも鈍るだろうし、場合によっては赤字かもしれませんね。

「お金の貯めどき」をしっかりと理解し「貯められるときに貯める」ことも重要だと思いました。

みんなの貯蓄額を調べたことによって、ますます資産形成の意識が高まりましたね。

今は「もっともっと頑張るぞ!」という気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!