子供が早寝を習慣にするようになって良かったと思う6つのこと

シェアしてくれると嬉しいです!

我が家では、子供の健やかな成長を願い、しっかりと睡眠を確保するために早寝を習慣としています。

具体的に言えば、20時にはベッドに入り眠りにつきます。

以前は21時〜22時くらいに眠りについていたので、1時間〜2時間ほど早くなりました。

翌朝は6時から7時くらいにスッキリとした顔して起きてきます。

だいたい10時間から11時間の睡眠をとっていますね。

最初は寝る子は育つということで、睡眠時間を確保しよう!というノリだったのですが、早寝が習慣になってくると、様々な好循環が生じていることに気がつきました。

早寝を習慣にして良かった」と思うことが多かったですね。

そこで今回は「子供が早寝を習慣にするようになって良かったと思う6つのこと」を書きたいと思います。

スポンサーリンク

早起きをするようになった

「早寝早起きは健康のもと」「早起きは三文の徳」と言いますが、「早起き」をするための秘訣は「早寝」をすることです。

子供達は「早寝」をすることによって「早起き」をするようになりましたね。

早寝が習慣になっていなかった頃は、何度起こしても起きなかったり、無理矢理起こして機嫌を損ねたりしていました。

これって本当に大変ですよね。

「朝はバタバタしているから、スッキリ起きてくれよ」って思うことが多かったです。

でも、今では逆に「もう朝ですよ〜」って起こされる感じです。

朝食をしっかりと食べるようになった

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-YMD68_TKG-thumb-1000xauto-16383

以前より朝食をしっかりと食べるようになりました。

早寝をすることで、朝が早起きになり、時間に余裕が生まれます。

また十分に睡眠をとり、身体が覚醒しているので食欲が増しているのでしょう。

今までは食パン1枚をダラダラと食べていたのに、現在は多いときで食パンを3枚、バナナ2本、ゼリーを食べます。

えっまだ食べるの?」って思うことが増えました(笑)

朝食をしっかり食べるということは、脳の活性・肥満予防・整腸効果などメリットが多いですからね。

まだ実感はしていませんが、子供の学力向上にも効果がありそうです。

風邪を引かなくなった

風邪を引かなくなりましたね。統計をとったわけではないですが、明らかに健康になりました。

睡眠の量と質が満たされなければ、身体の免疫が弱まる可能性があります。

徹夜などで睡眠時間を確保できなかった場合、病原体を排除する細胞が減少します。

高い抗酸化作用と免疫力を高めるメラトニンは22時〜2時の間に生成されます。

この時間帯に睡眠をとっていることが、メラトニン分泌のためには大切なことです。

睡眠時間をしっかりと確保することで、身体が回復し免疫機能も保てることが、風邪を引かなくなった原因でしょう!

準備に余裕がありイライラすることがなくなった

朝は「時間との戦い」が半端ないですよね。

「まだ食べてるの?」「まだ着がえてないの?」「早く顔を洗って歯磨きをしてきなさい」などなど

早くしなさい」というフレーズを何回発しているか…

一息つくと、イライラしていた自分に嫌気がさしてくるってことありませんか?

私の場合「またイライラしてしまったよ」ってことが多かったですね。

しかし、子供の早寝早起きが習慣になってからは「イライラ」が少なくなりました。

時間に余裕があるので、時間に急かされることもありませんし、子供達も十分な睡眠をとってスッキリとしているので、テキパキと準備をするようになりました。

朝の雰囲気が凄く明るくなりました。

子供とのコミュニケーションが増えた

a0001_000045_m

朝からテンションがMAXの場合が多いですね。

テンションが高いのでよく喋ります。

これまでの朝のフレーズNo1は「早くしなさい」でしたが、今は前日の「面白かったこと」「楽しかったこと」の話題が多くなりました。

朝から活発で活動的なのも、早寝をして十分な睡眠をとり、スッキリしているからでしょう。

脳が活性化しているって感じで、次から次に喋っています。

私の場合、平日は基本的に朝にしか子供達とコミュニケーションをとる時間がないので、朝からテンションMAXで喋ってくれると本当に嬉しいです。

親が「一息つく時間」・「趣味に使う時間」が増えたこと

これは子供ではなく私と妻の場合です。

子供達が早寝をしてくれることで、子供達が寝てから自分達が寝るまでの時間にゆとりが生まれました。

このゆとりのおかげで夫婦の会話も増えましたし、一息つく時間趣味に使う時間が今までよりも増えました。

子供と接することは楽しいし大切な時間ですが、自分の時間も大切な時間です。

さいごに

以上が子供が早寝を習慣にするようになって良かったと思う6つのことです。

我が家の子供達は、現在6歳と4歳です。年齢が高くなるにつれて、早寝をすることは難しくなっていくのかもしれませんが、可能な限り早寝を継続して行っていこうと思います。

みなさんも早寝をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

多くのメリットを感じられることでしょう!

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!