暑中見舞いの時期到来!お中元のマナー・時期・選び方・お勧めギフト

シェアしてくれると嬉しいです!

そろそろお中元の時期です。

お中元とは道教に由来する年中行事で、日頃、お世話になっている人々に感謝の気持ちを込めて贈り物をします。

ちなみに道教とは、中国の三大宗教(儒教・仏教・道教)の一つです。

新入社員も初めてのお中元を贈ることでしょう。

そこで、お中元って何を贈ったら良いの?という人に「お中元のマナー・時期・選び方・お勧めのギフト」を紹介します。

スポンサーリンク

お中元のマナー

お中元の時期

お中元が地域によって時期が異なります。東日本は7月初旬から15日まで、西日本では8月初旬から15日までとされています。

相手が喪中の場合も贈って問題ない

相手が喪中の場合でも、お中元を贈って問題ありません。

お祝い事は遠慮すべきですが、お中元は感謝の気持ちを伝えるものなので、贈っても問題ありません。

ただ四十九日前など、不幸からあまり時間が経っていない場合は、少し時期をずらし残暑見舞いとして贈るとよいでしょう。

更にのし無地のしで贈りましょう。

お中元の選び方

避けた方がよいもの

お中元でNGとされているものは、履物類時計筆記用具類です。

踏みつけるという意味や勤勉奨励の意味があるので、目上の人に贈るにはふさわしくないようです。

お中元選びの注意点

あまり高級な品物を贈っても、貰った相手が困るのでやめた方が良いでしょう。

3000円〜5000円が相場だと考えられています。

あとは、商品選びが遅くなって、品切れにならないように早目に行動するようにしましょう。

オススメのお中元ギフト

夏といえば「そうめん」

やっぱり夏といえばそうめんですよね。

私はお中元でそうめんを贈ることが多いですし、そうめんを頂くと嬉しいですね。

毎年そうめんを贈っている人もいるので「Geeyuuといえばそうめんだな」と思われているかもしれませんね。

揖保乃糸←そうめんの定番といえばコレ

三輪そうめん山本←楽天市場売れ筋No1。モンドセレクション5年連続金賞

グビッと爽快「ビール」

私はお酒が好きなのでビールを貰うと嬉しいですね。

お酒はいろんな種類がありますが、夏なのでビールをオススメします。

ただお酒を飲めないという人に贈らないように注意してください。

相手の好みが分からない場合はオススメできません。

季節のフルーツ

暑い夏に冷やして食べられるフルーツは大人気ですね。

冷たくて甘い季節のフルーツは大人から子供まで楽しめるデザートです。

私が特にオススメなのはマンゴーとサクランボ!

乙姫←糖度15度以上の完熟マンゴー「乙姫」

阿部隆幸さん作【山形県産 佐藤錦】←サクランボといえば佐藤錦

何を選んだら良いかわからないひとは「カタログギフト」

贈る相手の好みがわからないし、アレルギーの心配もあるので、何を贈ったら良いのかわからないという人はカタログギフトを贈ると良いでしょう。

カタログギフト

その他

お中元を貰った場合

お中元を貰ったらお礼をするのが礼儀です。

お返しを贈る必要はありませんが、電話で感謝を伝えたり、礼状を送るようにしましょう。

お中元をが過ぎた場合・忘れていた場合

7月15日以降は「暑中見舞い」、8月7日の立秋以降は「残暑見舞い」として贈ります。

目上の人に贈る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」として贈ります。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!