Simplicityのパソコン用とモバイル用のテキストウィジェットが使えなかった原因

シェアしてくれると嬉しいです!

ワードプレスのテーマをSimplicityに決めてから「カスタマイズ」に苦労することはなくなりましたが、1つだけ設定に戸惑った作業がありました。

それは「テキスト用ウィジェット」と「モバイル用ウィジェット」が使えなかったことです。

Simplicityのウィジェットには「パソコン用ウィジェット」と「モバイル用ウィジェット」があります。

広告を掲載するときに「パソコン用ウィジェット」と「モバイル用ウィジェット」を使い分けることで、パソコンとモバイルそれぞれに合ったサイズの広告を設定できます。

パソコンとモバイルで別々の広告を掲載することも可能ですね。

例えば「投稿本文上」にパソコンでは横幅728の広告、モバイルでは横幅300の広告を掲載したいときには、「パソコン用ウィジェット」と「モバイル用ウィジェット」を使って別々のコードを記載します。

スポンサーリンク

ウィジェットがクルクル回って終わらない

本来であればテキストに広告のコードを入れて保存すれば終了なのですが、何度保存を試みてもウィジェットがクルクル回って終わりません。

アドセンスのコードを入れても、A8のコードを入れても、どの広告のコードを入れても結果は同じ。

原因が全く分からないので困っていたのですが、さすがSimplicityですね。

ググったら原因が分かりました。

原因はロリポップのWAF設定だった

原因が分からないのでネット検索をしていたのですが、考えられる原因と対策方法を見つけて試してみても全部駄目でした。

検索ワードを変えながら何度も検索していたら「もしかしたらコレが原因かも」というのを見つけました。

それがコレ↓

パソコン用テキストウィジェットとモバイル用テキストウィジェットが使えない件

原因はロリポップ!のWAF設定でした。

藁にもすがる気持ちで試してみたら無事解決しました。

ロリポップのWAF設定を無効にする

ロリポップ!のホームページへアクセス。ログインして「WEBツール」の上にカーソルを合わせると上記のような項目が表示されます。

表示されたらWAF設定をクリックしてください。

WAF設定をクリックすると契約しているドメインの横に設定変更画面が表示されるので「WAF設定」を無効にしましょう。

無効にしたら完了です。結構簡単でしたね。

ロリポップ!でのWAF設定が完了したあと、ワードプレスの管理画面に戻りテキストに広告のコードを入れて保存したら、無事に保存が終了しました。

この問題の原因を特定するまでは凄く時間がかかりましたが、問題の原因が分かってから解決するまでは簡単でした。

私と同じようにSimplicityの「テキスト用ウィジェット」と「モバイル用ウィジェット」が使えなくて困っている人で、サーバーがロリポップの人は「WAF設定」が原因かもしれないので試してみてください。

パソコンとモバイルそれぞれに適した広告の設定は収益アップにつながるので大事ですよね!

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!