目的別に資金を分けて貯蓄や投資をしよう!

シェアしてくれると嬉しいです!

資産運用を行う前に整理しなければいけないことがあります。

それは「目的別に資金を分ける」ということです。

資金のタイプは3つに分かれます。それは「流動性資金(生活用資金)」「安定性資金(貯蓄用資金)」「収益性資金(投資用資金)」です。

資産運用を行う際には、まず資金を3つに分け、それぞれの目的に応じた運用を心がけなければいけません。

ここではそれぞれの資金の目的を考えていきましょう。

スポンサーリンク

流動性資金(生活用資金)

生活費などすぐに使うお金のことです。

頻繁に資金を動かしますし、なくなっては困る資金なので、元本が保証され価格リスクのない普通預金などで管理することが望ましいでしょう。

振込手数料や引落し手数料のサービスが充実しているネット銀行などがオススメです。

安定性資金(貯蓄用資金)

すぐには使わないけど、いずれ必要になるお金のことです。

例えば「住宅購入の頭金」「車の購入費用」「子供の大学資金」などです。

これらの資金はすぐには使わないので低金利の普通預金に預けておくだけではもったいない資金です。

しかし後で必ず必要になる資金なので安定的に管理・運用しましょう。

元本が保証され、普通預金よりも金利の良い定期預金がオススメです。

銀行によって金利が違うので、出来る限り金利の良い銀行を選びたいですね。

子供の教育資金は「学資保険」や「低解約払戻金型終身保険」を活用するのも良いでしょう。

収益性資金(投資用資金)

当面使う予定がない余裕資金のことです。

将来のためにある程度リスクをとって運用し、より多くの資産を築くために使いましょう。

投資の知識を身につけ、投資信託や株式、債券やREITなどでの運用がオススメです。

このように資金のタイプは3つに分かれます。

資金を分けずに資産運用を行ってはいけません。収益性資金(投資用資金)が確保できないのであれば、家計を見直し貯蓄することから始めましょう。

資産運用を行う際には、まず資金を3つに分け、それぞれの目的に応じた運用を心がけましょう!

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

更新情報をお伝えします!